小児鍼

お子様のお身体のことで
悩まされてませんか?

お子様の「夜泣き」「かんしゃく」「虚弱体質」「喘息・アレルギー」などでお悩みではありませんか?
お子様の精神面、肉体面についてのお悩みには「小児鍼」が有効な場合があります。

こちらのページでは「小児鍼」について詳しくまとめていますので、ぜひ確認してみてください。

小児鍼を受ける方によくある症状

  • 子どもの夜泣きに困っている

  • 子どもがよくおねしょをする

  • 子どもが喘息
    気味だ

  • 子どもの胃腸の調子がよくない

夜泣きやかんしゃく、さまざまな症状に効果的な小児鍼について

鍼施術は大人だけではなく、「小児鍼」としてお子様も受けることがきます。

お子様に多くみられる、

・夜泣き、かんしゃく
・アトピー症状
・胃腸の不調

といった症状は、小児鍼によって改善が期待できることをご存知でしょうか。

 

こちらでは、まずは「小児鍼」について歴史や特徴、身体に与える影響について詳しくご紹介していきます。

 

【小児鍼について】

 

小児鍼は子どもを対象にした鍼施術であり、「小児はり」「小児針(しょうにしん)」と呼ばれることもあります。

江戸時代の後期頃、大阪地方から広まったとたと言われています。
東洋医学の起源である中国の鍼は成人を対象にしており、小児鍼は日本独自の施術方法だと考えられています。

 

【小児鍼の特徴】

 

小児鍼は一般的な鍼施術とは違い「皮膚鍼」が中心になります。
皮膚鍼とは、専用の鍼具で皮膚をさすったり、ひっかいたり、トントンと弱い刺激を加えていく施術のことを言います。
※刺激は心地よく、施術中に眠ってしまうお子さんもいらっしゃいます。
鍼灸師にもよりますが、実際に鍼を刺すということはあまりおこなわれていません。

刺激も弱くなっているので、子どもでも安心して受けられる施術だと言えます。

 

【小児鍼を受けることができる時期】

 

生後1ヶ月程度の、お子さんの首が座る時期から始められる場合が多くあります。
症状や時期について不安な方は、鍼灸院の方にご相談ください。

 

【小児鍼の身体に与える影響】

 

小児鍼を受けることで、自律神経の調整や、血流改善が期待できます。
自律神経が整うことで、次のような効果を期待できます。

・精神的に落ち着く
・内臓機能が向上する
・免疫力の増強
・血流が良くなる
・ホルモンバランスが整う
などが挙げられます。

 

小児鍼によって改善が期待される症状

小児鍼は、具体的にどのような症状に効果的なのでしょうか。
自律神経を整えることで、お子様の肉体面、精神面のさまざまな症状に対応できることが考えられます。

こちらでは「小児鍼によって改善される症状」について詳しくご紹介していきます。

 

【小児鍼によって改善が期待される症状】

 

・夜泣き、かんしゃく

夜泣きやかんしゃくはストレスから生じていると言われています。
自律神経が整うことで精神的にも落ち着いてくることが考えられます。

・夜尿症(おねしょ)

排尿のコントロールが正常におこなわれることで、おねしょの改善を期待できます。

・便秘、下痢、食欲不振

自律神経が整うことで、内臓の働きも向上してくることが考えられます。
胃腸の働きも良くなり、便秘、下痢、食欲不振といった症状の改善を期待できます。

・喘息、気管支炎、アレルギー、花粉症

自律神経が整うことで、免疫機能の調整も改善されてくることが考えられます。
免疫機能の異常から起こりやすい、喘息、気管支炎、アレルギー、花粉症といった症状の改善を期待できます。

・風邪をひきやすい(虚弱体質)

小児鍼によって循環が良くなることで、免疫力の向上を期待できます。

・発育不良

小児鍼によって成長ホルモンの分泌が調整されてくることが考えられます。

・発達遅滞(精神面、身体面)

小児鍼による神経刺激によって、発達遅滞の改善を期待することもできます。
また、「脳性まひ」「てんかん」「自閉症」といった症状の改善がみられることもあります。

その他にも、改善が期待できる症状は非常に多くあります。
不安や疑問点がある方は、鍼灸師の方にお気軽にご相談ください。

小磯はりきゅう院の【小児鍼】

小磯はりきゅう院では鍼を刺さず皮膚を擦る「大師流小児はり」という施術法を行っております。

この手法の最大の特徴は擦ることで愛情ホルモン幸せホルモンと言われるオキシトシンが出て、心身ともにリラックスした状態になり、症状の緩解に向かうことです。

「大師流小児はり」の対象年齢は生後間もなくの赤ちゃんから小学校6年生位までで、全身の肌の過緊張を見つけ、月齢、年齢に応じた刺激量で施術を行うため身体に負担がかかりません。

また、中学生からは“鍉鍼(ていしん)”といって刺さない鍼と、大師流小児はりとを併用して施術いたします。

小児鍼の一番の強みは、症状を改善に導くだけでなく、幼い頃から鍼療法を行うことで、その子が持つ本来の治癒力=自身の持つ生命力が育まれ、免疫力・精神力・体力が強くなることです。

著者 Writer

著者画像
院長:杉山拓人(すぎやま たくと)
陰陽塾、所沢経絡治療研究会
日本氣鍼法学会、日本鍼灸師会
 

  関連コラム Column

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:小磯はりきゅう院
住所〒255-0004 神奈川県中郡大磯町東小磯557-2
最寄:大磯駅
駐車場:完備
                                 
受付時間
9:00~19:00 - 9:00~12:00 9:00~12:00
定休日:月曜・祝日
木曜・日曜:午後休診

【公式】小磯はりきゅう院 公式SNSアカウント 小磯はりきゅう院ではFacebook・Instagramを運用中!

【公式】小磯はりきゅう院 公式SNSアカウント 小磯はりきゅう院ではFacebook・Instagramを運用中!

【公式】小磯はりきゅう院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中