頭痛でお悩みの方へ

  頭痛でよくあるお悩み

  • 頭が締め付けられるように痛い

  • 生理前にきつい頭痛がする

  • 眼精疲労から頭痛につながることがある

  • 頭痛で仕事に集中ができない

頭痛の改善には「頭痛の種類」を知っておくことが大切です

頭痛がなかなか改善しない場合は、対処法が間違っている可能性があります。

「頭痛の種類」によって、対策も変わってくるのです。

 

こちらのページでは「頭痛の種類別の症状、原因」と

「タイプ別にできる対策」について詳しくまとめてあります。

長年の頭痛でお悩みの方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

頭痛でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

頭痛は3つのタイプに分けられます

慢性頭痛は主に「偏頭痛」「緊張型頭痛」があり、各々で対処法も変わってきます。
したがって、あなたの頭痛がどのタイプに当てはまるのかをきちんと把握しておくことが大切です。

こちらでは、頭痛の種類と症状の出方について詳しくご紹介していきます。

 

【偏頭痛】

 

偏頭痛は若年層の女性に発生しやすいと言われています。

 

・偏頭痛の原因

顔周りにある神経の炎症、脳の血管の拡張から痛みが生じると考えられています。
ストレスや気圧の変化、寝不足、寝すぎなどが痛みを引き起こす要因として挙げられます。
また生理前後の、ホルモンバランスが大きく崩れるタイミングで偏頭痛は起こりやすいと言われています。

・偏頭痛の症状

頭の片側に生じるズキンズキンとした痛み
両側が痛むこともある
月に1〜2回、多い人では週に1〜2回痛みが出る場合もある
光や音に敏感になる
視野に光が出現する「閃輝暗点」と呼ばれる前兆症状がみられることもある
吐き気を催し、実際に嘔吐してしまうこともある

 

【緊張型頭痛】

 

慢性頭痛の中で、もっとも患者数の多いタイプだと言われています。
性別では女性の方が緊張型頭痛を生じやすいとされています。

 

・緊張型頭痛の原因

首肩まわりの筋緊張による、神経や血管の圧迫から生じると考えられています。
肩こりや眼精疲労、ストレスとの関連が強いと言えます。

・緊張型頭痛の症状

頭全体の締め付けられるような痛み
痛みがきつくなると吐き気やめまいにつながることもある

つらい頭痛を緩和するために日常生活で出来ること

あなたを悩ませる頭痛はどのタイプに当てはまりましたか?
こちらでは、タイプ別の頭痛対策をご紹介していきます。

 

【偏頭痛の対策】

 

・痛い箇所を冷やす

痛い箇所を濡らしたタオルや氷水の入った袋を当てて冷やしましょう。
冷やすことで血管の拡張を抑えられると考えられます。

・静かな部屋で休む

偏頭痛は身体を動かすと痛みが強くなることがあります。
また、光や音にも敏感になりやすいので、静かな部屋でゆっくりと休むことが大切です。

・食事に気をつける

個人差はありますが、アルコール、チョコレート、チーズなどは偏頭痛を起こす可能性があるので、避けたほうが良いと考えられます。

 

【緊張型頭痛の対策】

 

・眼のまわりを温める

眼のまわりを蒸しタオルで温めることにより、眼精疲労の回復とリラックス効果を期待できます。

・適度な運動

ウォーキングや水泳など適度な運動は、全身の血流改善につながると考えられます。
また、運動には気晴らしによるストレス発散の効果も期待できます。

・ストレッチ

緊張型頭痛の対策として、首肩まわりのストレッチが効果的です。

小磯はりきゅう院の【頭痛】アプローチ方法

〇大人の患者様へ・・・

 

頭痛においても、

全身の氣(体全体を巡る生命エネルギー)血(全身の器官や組織に栄養を与え、老廃物を運ぶ)の流れを改善し、

自然治癒力=自身の持つ生命力を向上させることにより、頭痛の改善を目指します。

 

頭痛は主に、片頭痛筋緊張型頭痛に分類されます。

片頭痛目の奥から頭頂部、片側の側頭部、後頭部など拍動性に痛むことが特徴的です。

 

<施術について>

 

施術は、各臓腑の状態を適切な状態に戻し、身体の抵抗力が弱っている方は免疫力を向上させることにより症状の解消を目指します。

筋緊張型頭痛は、首肩部から頭頂部にかけての筋緊張により気血の流れが悪くなった状態で、持続的に痛むことが特徴的です。
ストレス、食べ過ぎ、首肩の凝り、便秘、足が冷えて頭がのぼせるといった症状が多くみられますので、これらを改善することで症状は良くなります。

頭痛の施術は原因をしっかりと把握し、的確に処置することでその場ですっきりと改善します。

 

〇お子様の患者様へ・・・

 

小磯はりきゅう院では鍼を刺さず皮膚を擦る施術法をとっていますのでお子様でも痛みの心配なく安心して施術を受けていただけます。

擦ることで愛情ホルモンや幸せホルモンと言われるオキシトシンが出て、心身ともにリラックスした状態になり、症状の緩解に向かいます。

頭痛を訴えるお子様は増加の傾向になっていますが、症状は軽く、早期対処によってすぐに改善が見込める患者さんも多くいらっしゃいます。

 

頭痛の多くは小学生以上に多くみられますが、中には幼稚園、保育園の年長さんから症状を訴える方もいらっしゃいます。

原因としては、宿題などで勉強し過ぎた時、スマートフォンやタブレットなどを長時間見続けることによる目の酷使、心理的なもの、睡眠の質、細かい手先の作業、風邪などが挙げられます。

 

<施術について>

 

施術は主に反応している経絡の気の流れを改善することと、お腹の張りや艶の状態を改善する事が大事です。
また、後頭部、首の後ろ、肩の皮膚や筋肉が過緊張している場合が多くみられますので、そこの緩和を目指します。
ただし、筋肉まで一気に緩めると治療刺激が強すぎることがありますので、皮膚が緩む程度にします。

更に症状が強いお子様は腰辺りに反応がある方もいらっしゃいます。
小児期の経絡(氣の通り道)は女子が7歳男子は8歳まで未完成と言われていますが、生命力が強いため治癒するのがとても早いことが特徴的です。

小児鍼の特徴は、症状の改善だけでなく、幼い頃から鍼施術を受けていただくことで、その子が持つ本来の治癒力が育まれ、免疫力・精神力・体力の向上が目指せます。

小磯はりきゅう院では頭痛を得意としておりますので、お困りの方は直ぐにいらっしゃてください。

著者 Writer

著者画像
院長:杉山拓人(すぎやま たくと)
陰陽塾、所沢経絡治療研究会
日本氣鍼法学会、日本鍼灸師会
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:小磯はりきゅう院
住所〒255-0004 神奈川県中郡大磯町東小磯557-2
最寄:大磯駅
駐車場:完備
                                 
受付時間
9:00~19:00 - 9:00~12:00 9:00~12:00
定休日:月曜・祝日
木曜・日曜:午後休診

【公式】小磯はりきゅう院 公式SNSアカウント 小磯はりきゅう院ではFacebook・Instagramを運用中!

【公式】小磯はりきゅう院 公式SNSアカウント 小磯はりきゅう院ではFacebook・Instagramを運用中!

【公式】小磯はりきゅう院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中